わきがの原因

原因を正しく理解しよう

アポクリン腺は何のために存在するのか?

アポクリン腺に関する素朴な疑問をあげてみましょう。

@ワキの下に多いのはなぜか。
A他の場所(外耳道、乳首の周囲、陰部など)にも存在するのはなぜか。
B体全体に散在せず、まとまって局在するのはなぜか。
C有毛部にあるのはなぜか。

これらの疑問を解く糸口は、霊長類としての人間の進化の過程にあるように思えます。人間がサルであった頃には、四つ足で歩行し、全身が毛でおおわれていました。また、求愛期間も生殖可能なある一時期に限られていました。したがって、子孫を残していくためには、性周期の短い期間に、メスがオスを魅きつけるための性的な信号を送る必要があったのです。それがアポクリン腺から発するニオイでした。そのニオイは、主に生殖器周囲のアポクリン腺からのものでしたが、当時は全身にあったアポクリン線からも出ていたに違いありません。

このように、進化前の人間のアポクリン腺は、異性を魅きつけるフェロモンのような役割をしていたのです。ところが、体の表面から体毛が脱落し、直立歩行を開始し、性的結合もある一定期間だけでなく、一年中いつでも可能となると、アポクリン腺の役割も大きく変化していったのです。

まず、直立することで、オスとメスの結合は正面対正面へと変化しました。それに伴って、性的信号を発する場所も、主に肛門周囲から、陰部前面(恥毛部)、乳首周囲、腋窩部(えきか…ワキの下の意)、外耳道など、体の前面に移りました。特に、顔と顔を対面させる人間の性的関係においては、腋窩からのニオイが、性的信号としては効果的なのです。

しかし、さらに進化が進むと、性的信号としてのニオイの存在は、バストや口唇、さらには全身のプロポーション、顔立ちなどといった視覚に訴えるものに取って代わられてしまったのです。それに伴って、アポクリン腺はさらに退化し、今ではワキの下や外耳道などに、わずかに残存するのみとなってしまったのです。

ニオイが性的興奮を起こす主役から退くとともに、人間の嗅覚自体も退化していってしまいました。

このように、大古の人類にとってアポクリン腺からのニオイは性的にたいへん刺激的であり、子孫を残し、生存を続ける上で重要な意味をもっていました。しかし、社会的・文化的背景もあって、今日ではそのニオイそのものが悪臭として悪物扱いされてしまっているわけです。


五味常明 院長