わきがの原因

原因を正しく理解しよう

ワキガは文化が原因の“病気”

ワキガに関する多くの解説書をみると、ワキガのニオイは、太古の昔は異性を魅きつけるよいニオイであったが、現代では風俗や習慣の変化から忌避されるようになった、と説明されています。

ここで、素朴な疑問が出ます。では、いったい、現代のワキガ臭は発香臭として働いた太古の昔のニオイと同じなのか、ということです。

私は、その存在場所も量も大きく変化してはいるものの、腋窩(えきか)からのニオイの信号としての性質は、そう変わっていないのではないか、と考えています。つまり、性的信号としてのアポクリン腺の構造や、その発臭メカニズムは、太古の昔と同様に働いていると思います。

むしろ、それ以上に変化したのは、受け手の側の嗅覚の方ではないでしょうか。嗅覚の変化が、同じ性質のニオイを、性的興奮の受容器にまで伝達できないほどに衰えてしまったのではないか、と私は推論しています。すなわち、昔は性的興奮の回路を通って刺激が伝わっていたのに、今は悪臭を感じさせる回路に錯綜されて伝えられてしまうようになったのです。

しかし、ワキガ体質の人でも愛する人のニオイは心地よく感ずるのはなぜでしょうか。これは、愛という感情が加わった時、嗅覚は太古の姿をとりもどして、ニオイによる刺激が性的興奮の伝導回路を通って、大脳にまで伝わるからなのです。

日本人の体形も、時代とともにずいぶん変わってきています。近年の傾向としては、身長も伸び、足も長くなってきており、顔の造形も変化してきています。そして、顔の中でも、鼻はかなり変化しています。現代の若者の鼻は、少しずつ高くなってきています。それに伴って、ニオイの感じ方も、以前とは変わってきているのではないでしょうか。

現代は、無味無臭の時代といわれ、ニンニクぬきのギョーザやニオイのない納豆がブームになっているように、嗅覚の存在意義が大きく低下しているのです。

同じ感覚の中でも、美術や文学など、視覚に関係ある芸術や、音楽のように聴覚を働かす芸術は、文化が進歩するにつれて発達してきました。ところが、かつては食べ物を見つけたり、つがいの相手を魅きつける上で、たいへん重要な働きをしていた嗅覚だけが、今、まったく無視されているのです。ニオイの芸術といわれる香水でさえ、ニオイを隠すために使われているのが現状なのです。

ワキガは、性的なニオイの発香臭なのに、人間の文明の進歩にとり残されたが故に犠牲になった、というべきかもしれません。ワキガがもし病気であるとするなら、それはまさに、人間の文化がつくった「文化原病」なのです。


五味常明 院長