わきがの原因

原因を正しく理解しよう

日本人の10人に1人はワキガ体質

民族ごとのワキガ体質の比率は、いろいろな説がありますが、一般的には、黒人100%、欧米人70〜90%、日本人10〜15%、中国人3〜5%くらいといわれています。

ワキガやアポクリン腺についての民族的差異の研究は、学問的には興味のあるところですが、私の推測では、黒人は体表面の色が黒いことによって、視覚的なものより、性的信号としての体臭が、長らく重要な位置にとどまったものと思われます。しかし、欧米人にもワキガ体質が多いことも考え合わせると、最も大きな要因は、食生活にあるようです。

肉類などの高カロリー、高脂肪食は、野菜や穀物食に比べ、皮脂腺やアポクリン腺を刺激し、その活動を活発にさせるといわれています。肉食を中心とする欧米人のアポクリン腺は、日本人などより活発に働いていて、より多くの腺組織が残存したものと思われます。

一方、野菜や魚などの淡白な食事をしている日本人や中国人は、逆に退化傾向が強く、体臭の少ない民族になったといえます。

民族論は別としても、ワキガ体質の比率が10対1と10対7とでは、心理的には重要な違いがおきます。自分のもち合わせた体質が10人に1人であるとして、それが他の9人に好まれるものであったとしたら、その人は優越感をもつでしょう。しかし、逆に嫌われるとすれば、それは劣等感になってしまいます。

10人のうち7人がもっているものならば、優越も劣等もないに等しいでしょう。日本人の場合、ワキガ体質が10人に1人しかないからこそ、悩みの原因になるのです。

このような違いは、医学の面にもあらわれています。欧米では、腋臭症とは腋窩(えきか)多汗症と同義語であり、欧米における腋窩の手術は、その汗を減少させる手術であり、ニオイをとることを目的にしたものではないのです。それに対し、日本では、ワキの下の多汗を腋窩多汗症、ワキガを腋臭症と、明確に区別しています。


五味常明 院長