わきがの原因

原因を正しく理解しよう

ワキの汗で下着に色がつく原因は?

ワキガの人の多くは、汗で下着を汚してしまうことがあります。とりわけワキの下の部分に汚れが目立ちます。これは、ワキガの主な原因が、ワキの下の汗にあるからです。

それではなぜ、体の他の部分の汗では下着に色がつかないのに、ワキガの人のワキの下の汗は色がつきやすいのでしょう。

それを知るためには、汗そのものについて理解しておかなければなりません。

人間の汗にはアポクリン腺の汗とエクリン腺の汗の2種類があります。

体温の調節をするのがエクリン腺で、体全体に分布していて、暑い時や運動した時などには、多量に汗を出します。寒い時やおとなしくしている時は汗を出さないかというと、そうではなく、常に微量の汗を出し続けています。皮膚が乾かないように潤いをもたせるのも、エクリン腺の大切な働きのひとつなのです。

エクリン腺から出る汗にはニオイ物質はほとんど含まれていません。塩分が多いこともあり、細菌の繁殖もあまりみられません。つまり、汗だけではほとんどニオイを発しないといってよいでしょう。何日も風呂に入っていない人がにおうのは、汗が脂肪酸やアカと混ざり、細菌が繁殖したためであって、単なる汗のニオイではないのです。

ところが、アポクリン腺から分泌される汗となると事情は一変します。アポクリン腺は、ワキの下、生殖器周辺、肛門周辺などに特に多く、乳首、まぶた、唇周辺にも多くみられます。このアポクリン腺からは、特殊なニオイの原因物質が分泌され、それがワキガやスソワキガの主要な原因となります。

アポクリン腺は、肉眼でも十分に確認できるくらいに大きいので、別名大汗腺ともいい、体毛の出口に開口しています。一方、エクリン腺は、肉眼で確認できないくらい小さいので小汗腺といわれ、皮膚の浅いところにあり、毛穴とは関係なく直接皮膚表面に開口しています。

今まで知られている成分としては、アポクリン腺の汗には、各種のタンパク質、脂質、糖質、ピルビン酸、鉄分、色素リポフスチン、各種ステロイド、アンモニアなど様々な物質が含まれています。エクリン汗が、微量の塩分の他は、ほとんどが水なのとは対照的です。

この成分の差が、ワキの下の汗(アポクリン汗)では下着に色がつき、他の部分、たとえば背中の汗(エクリン汗)では色がつかない原因となっているのです。


五味常明 院長

動画によるワキガ手術の解説


下着が黄ばむ人はワキガですか?
下着が黄ばむ人はワキガですか?