わきがの対策

身近な材料で簡単日頃のケア

リンゴを使った湿布でワキガ防臭

アポタンパクを減らすリンゴの繊維質
ワキガのニオイ発生のメカニズムは、さまざまな研究を通して次第に解明されてきました。
なかでも、アポタンパクの生成を抑えれば、ワキガを防ぐことができる、との報告は、大きな注目を集めました。
アポタンパクとは、体内の脂質の代謝に関係するタンパク質の一種です。
そして、このアポタンパクを減らすのに効果があるとされているのが、私たちが日頃からよく口にしているリンゴに含まれる繊維質です。
そこで、ワキガを改善したい人には、「すりリンゴ湿布」をおすすめします。

必要な量だけ作る
すりリンゴは、すぐに酸化して傷んでしまうので、保存はできません。その都度、必要な量だけリンゴをすりおろし、湿布をつくるようにしましょう。

■方法 すりリンゴ湿布
すりリンゴ湿布を、ワキに5分くらいはさみます。
寝る前に行うといいでしょう。湿布をしたあとは、そのまま洗い流さずに就寝してください。




すりリンゴ湿布の作り方

【用意するもの】
・リンゴ ・おろし金 ・ガーゼ ・ハンカチ

@リンゴを適量すりおろす。

Aガーゼなどで@を絞る。

B絞りかすをハンカチなどの布に包んで使います。




五味常明 院長