わきがの対策

身近な材料で簡単日頃のケア

肉食中心の食生活を改め、パセリを食べて防臭

肉類を多く取ると体臭が増す
肉類を多く食べると、動物性脂肪や動物性タンパク質をたくさん摂取することになります。これらは、アポクリン腺の働きを活発にする性質があります。
ニオイを引き起こす原因と考えられているのは、アポクリン腺から分泌される、脂肪を含んだ汗や、皮脂腺から分泌される脂肪酸です。つまり、肉をたくさん食べれば食べるほど、体臭を出しやすい体になっていくということです。
ニオイを出しにくい体になるためには、毎日の食生活を見直していくことが大切です。
食事の内容を改善すれば、体臭が軽減される可能性が高まります。

■方法1 パセリの消臭効果
食事のとき、消臭効果を発揮してくれる食べ物を摂れば、より効果的です。
消臭効果の高い食材としては、パセリがあげれらます。パセリにはクロロフィルという成分が含まれており、これには強い消臭作用があります。
さらに、殺菌作用や抗菌作用、防臭作用をもつフラボノイドも含まれているため、ワキガや体臭が気になる人にはピッタリの野菜なのです。

■方法2 パセリの粉末を食事に加えよう
苦味のあるパセリは、そのままだと食べにくいという人も多いと思います。そこで、パセリを粉末にして使うことをオススメします。
これを料理に加えたり、何かのソースと混ぜ合わせるなど、お好みに合わせて自由に使ってください。パセリを食べ続けることが、ニオイの撃退につながります。




パセリの粉末の作り方

【用意するもの】
 ・パセリ ・オリーブオイル


@パセリ一房を水洗いして、みじん切りにする。

Aオリーブオイルを数滴かける。





五味常明 院長