わきがの対策

身近な材料で簡単日頃のケア

酢の殺菌力でニオイを撃退

乳酸や過酸化脂質がニオイの原因に
血液の循環が悪かったり、食事のバランスが崩れたり、ストレスがたまっていると、疲労物質の乳酸が増えます。すると体内環境は酸性に傾き、汗の中にアンモニアが増えて臭くなります。
また、動物性の脂肪を摂りすぎると、皮脂腺の活動が活発になり、過酸化脂質が増え、それが原因で不快なニオイが発生してしまいます。

酢のさまざまな効能
これらの不快なニオイの軽減には、酢が最適です。
酢を摂取すると、エネルギー代謝が円滑になり、疲労物質の乳酸の生成が抑えられ、体臭が軽減されます。酢には、過酸化脂質の生成を抑える作用もあります。
酢に含まれるクエン酸には、雑菌の活動を抑える作用があります。
酢を入れたお風呂に入れば、皮膚の表面を弱酸性に保って雑菌の繁殖を防ぐことができます。さらに、クエン酸が汗腺から吸収されると、アンモニアと乳酸の生成が抑えられ、汗のニオイを解消できます。

■方法1 できれば毎日酢を飲もう
酢は、毎日適度に飲み続けることで効果が現れます。黒酢や醸造酢など何でもかまいませんが、飲みやすいりんご酢をオススメします。2倍程度に薄めたものを、1日コップ1杯くらいのペースで飲めば、長続きします。

■方法2 酢の風呂も効果あり
酢を入れたお風呂に入れば、ワキのニオイはもちろん、体全体の汗くささを防ぐことができます。使う酢は、醸造酢が黒酢がいいでしょう。醸造酢なら、180ミリリットルのお湯に対してコップ1杯、黒酢ならおちょこ1杯で十分です。
湯船につかっている間は、酢のニオイが気になるかもしれませんが、シャワーで洗い流せばニオイは残りません。このお風呂を1週間も続ければ、不快なニオイがしなくなっていきます。





五味常明 院長