わきがの対策

身近な材料で簡単日頃のケア

出た汗はすぐ対処しよう

出てしまった汗、どうする?
エクリン腺から出る汗自体は無臭ですが、時間がたつと、皮膚の細菌や垢などが反応し、やがてニオイが発生します。
汗をかいてからニオイになるまでには、1時間ほどのタイムラグがあります。そのあいだに、できるだけ早く汗を拭き取るようにすれば、ニオイを防ぐことができます。

■方法1 ぬれタオルでふく
汗が出たら、固く絞ったぬれタオルですぐに拭き取りましょう。乾燥したタオルやハンカチなどよりも、ぬれタオルのほうが、ニオイを抑えるのに効果的です。
ニオイの原因は皮膚に残った雑菌です。乾いたタオルは、水分を吸収することはできますが、雑菌までは取りきれません。ぬれタオルなら、雑菌と一緒に皮脂汚れなども取り除くことができるため、ニオイが抑えられます。
ただし、ぬれタオルを繰り返し使うと、タオルそのものにニオイがついてしまうので、使ったらすぐに水洗いしましょう。

■方法2 汗をできるだけ蒸発させる
出てしまった汗は、できるだけ蒸発させましょう。
そもそも汗は、体温を下げるためにかくものです。
そこで大事になってくるのが、衣類の選び方です。
できるだけ汗の発散を邪魔しないものを着るようにしましょう。


■下着は綿素材がオススメ
汗の量が多いときには、薄手のものを身につけて、衣類の中の湿度を高めないように工夫します。とくに下着は、吸水性や速乾性に優れた綿素材のものを選ぶといいでしょう。
最近では、吸水性や速乾性がいっそう高められ、ニオイ成分を吸着してくれるような新素材も開発されています。
衣類を購入する際には、見た目のデザインばかりではなく、素材選びにも気を配りましょう。




五味常明 院長