わきがの手術

原因を根本から取り除き、効果が持続する根治的治療法

直視下手術法

ここで紹介する手術法は、医師が直接、手術対象の部位を見ながら、自分の手で行う直視下手術法です。


切除法
まずあげられるのは、「切除法」です。ワキガ手術の原点ともいうべき古典的方法で、わき毛の生えた部分の皮膚を、皮下組織まで含めて全部切り取るという単純な発想の手術法といえるでしょう。
切除後に皮膚を縫合しますが、皮下組織まで取ってしまうので、当然、皮膚のツッパリ感や神経の損傷、血管の圧迫などの後遺症が残ります。また傷跡も大きい上、1〜2週間ほど安静の入院が必要となるなど難点が多いため、現在ではほとんど行われていません。


剪除法
皮膚まで一緒に切り取ってしまう切除法に対し、「剪除(せんじょ)法」は皮膚はそのまま残して、皮下組織だけを除去する方法です。切開した皮膚を裏返し、クーパーと呼ばれるハサミ状の器具でアポクリン腺と皮脂腺を掻き取ります。
術後に「タイオーバー法」という皮膚の固定を行って、切開部分の自然な癒着を促した点が画期的でした。現在も多くの病院で行われていますが、アポクリン腺をひとつずつ確認せず一塊にして切り取るため、まばらに残存することが問題点として報告されています。


直視下剥離法(五味法)
ページを改めて解説します。



五味常明 院長

動画によるワキガ手術の解説


ワキガ手術で傷跡は残りますか?
ワキガ手術で傷跡は残りますか?