わきがの治療

手術するまでもない軽度〜中等度のワキガに対処

局所薬物療法

最も簡単な方法は、腋窩の皮膚に軟膏やスプレーをしみ込ませる方法で、発汗を減少させることを目的とした制汗剤と、細菌の繁殖を抑える殺菌剤があります。

制汗剤とは、腋窩の皮下の血管を収縮させることによって発汗を抑えようとするもので、よく用いられる薬剤としては、焼きミョウバンやホウ酸末があります。これらは、薬局で市販されているもので十分です。

現在は、各薬品メーカーから制汗剤が数え切れないほど発売されています。また、ローション、パウダー、スティックなどの形で、様々な脱臭化粧品も製造されています。

これらの薬物療法は、比較的危険も少なく、安価に、しかも手軽に手に入れられるため、多くの人が使用しています。私のクリニックに来られる患者さんも、ほとんどの人がこれらの薬剤を使用した経験があります。

ここで、これらの薬剤、脱臭化粧品を使用する上で注意しなければならない点をあげておきます。
まず、これらの薬剤や脱臭化粧品は、本来一時的な効果をあげるためのものであって、長期にわたって使用していると、薬剤性皮膚炎やかぶれ、乾皮症などをきたすことがあります。 次に、これらは比較的軽度のワキガの場合には有効ですが、明らかなワキガ体質の人が使用すると、体臭と化粧品のニオイがブレンドされて、周りの人にとってはいっそう不快なニオイとして感じられることも多いので、注意したいものです。



五味常明 院長