アポクリン汗腺とわきがの関係を解説|あの臭いが出る仕組みとは?

わきがについて調べ物をしていると良く目につくのが「アポクリン汗腺」という言葉です。

アポクリン汗腺とわきがは密接な関係があるから、よく出てくる言葉なんですが、

ここでは、アポクリン汗腺についての詳細と、わきがとの関係、臭いがする仕組みをわかりやすく解説していきます。

 

アポクリン汗腺って何?

汗が出る汗腺には「アポクリン汗腺」と「エクリン汗腺」の2種があります。

これは誰にでもある汗腺です。ただ、中には全くない人もいます。

早速、アポクリン汗腺の役割と、エクリン汗腺との違い、アポクリン汗腺が集中している場所についてご案内します。

 

本来はフェロモンの役割があった

アポクリン汗腺は本来、フェロモンを出す役割として存在していました。

脇が特に臭うのは鼻から近くて、そのフェロモンを感じやすいからです。

種が存続していくときに自分とは違うフェロモンに惹かれ、子孫を残すことで遺伝子的に繁栄しやすいからなんですが、進化とともに視覚が重視されて、退化していきました。

それがわきがの臭いとして「不潔」「汚い」といったイメージになってしまっています。

 

アポクリン汗腺とエクリン汗腺の違いは?

2つの汗腺の違いを見てみましょう。

 

アポクリン汗腺 臭いはないけどべたっとしていて、黄色く、脂質・アンモニア・タンパク質・ミネラルを多く含む。
エクリン汗腺 99%が水で1%が塩分(ミネラル分)。主に体温調節として機能している。全部が汗腺として機能しているわけではなく、半分くらいが機能していて、そのエクリン汗腺を能動汗腺(のうどうかんせん)という。

 

運動して気持ちよくかく汗や、夏の暑い日に垂れてくるような汗はエクリン汗腺からの汗で、ほぼ無臭で水で出来ている汗です。

一方、触った感じべたつきがあって、気持ちくない感じの汗がアポクリン汗腺からの汗です。

なぜべたっとしているかというと、汗の中に脂質とかタンパク質といった成分が含まれているからです。同じ汗腺でもまたっく違いますよね。

 

アポクリン汗腺はこんな場所に多い

アポクリン汗腺が多い場所としては、

  • 脇:わきが
  • 乳輪回り:チチガ
  • おへそ
  • デリケートゾーン(陰部):すそわきが

 

です。この場所をマンマリーラインと言います。

わきが臭が強い場所=フェロモンが出る場所なんですが、やはり性的な部位にアポクリン汗腺が集中していますね。

アポクリン汗腺は毛管(毛穴)とつながっているので、毛が多い場所に多いとも言えます。

 

アポクリン汗腺とわきがの関係|だからあの悪臭がする

アポクリン汗腺

アポクリン汗腺から出る汗には、脂質・タンパク質・アンモニア・ミネラルが多く含まれていることがわかりましたが、なぜあのわきが独特の臭いになるのか時系列で解説しますね。

 

  • ①アポクリン汗腺から脂質などを含む汗が出る(まだ無臭)
  • ②皮脂腺から出た皮脂が汗に混ざる
  • ②アポクリン汗腺の中の脂質や混ざった皮脂などを皮膚常在菌が分解(ここで臭いだす)
  • ③常在菌が分解する際に悪臭を発しながら繁殖
  • ④エクリン汗腺で拡大され、わきが臭が強く臭う(他人にも臭う)

 

簡単に説明すると、このような感じであのわきが臭が発生します。

さらに、エクリン汗腺からの汗が加わることでアポクリン汗腺の汗を拡大させたり、菌を拡大させたりします。

そのため、汗を抑えること菌の繁殖を抑えることがわきが対策には必須なんですね。

ちなみに、皮脂腺というところからは「皮脂」分泌されますので、これも常在菌の大好物なんですね。

 

エクリン汗腺自体はほぼ水ですが、若干のミネラル分が含まれます。

放っておくと菌に分解されて臭いますが、わきが臭ではなく、ツーンとした汗臭となります。

 

皮膚常在菌についてより詳しく解説

上で、常在菌が皮脂やたんぱく質を分解する際に発する悪臭がわきが臭だと書きました。

何その菌?ってなりますよね。ここで詳しく解説しますね。

皮膚には常在菌といって、善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3種の菌がいます。

善玉菌 皮脂やたんぱく質などを食べますが、悪臭は発しません。その代わりに天然のグリセリンを生成し、保湿してくれます。美肌菌とも呼ばれる大事な菌ですね。保湿することで余計な汗が収まるのでわきがも軽くしてくれる菌です。
悪玉菌 わきがの臭いを発するジフテロイド菌類や、皮膚に炎症を起こしやすい黄色ブドウ球菌などの事です。悪玉菌が優勢な状態であればわきが臭が強くなってしまいます。
日和見菌 優位な方に味方するのが日和見菌です。悪玉菌が優勢であれば加担して悪臭を発してしまいます。ニキビで有名なアクネ菌などがそれにあたります。

腸内環境にとても似ていますが、皮膚上でも同じことが起こっています。

わきが臭のきつい場合は、悪玉菌優勢になっているので、保湿して肌を整え、菌のバランスを改善していく必要があります。

 

アポクリン汗腺は誰にでもあるのに臭う人と臭わない人がいるのはなぜ?

ここで疑問が出てきます。

アポクリン汗腺は誰にでもあるのに、なぜわきがの人・何も臭わない人がいるのでしょうか?

わきが臭のする人・しない人の違いを解説していきます。

 

アポクリン汗腺の数が多いと臭いやすい

数の多さが最も大きな原因と言われています。

アポクリン汗腺の数は生まれつき決まっていて、増えたり少なくなったりすることもないので、どうしようもないんですよね。

数のほかには汗腺の大きさや、活発さも影響しますが、やはり数が多いと臭いやすいというのは間違いありません。

 

脂っこい食事が好きな人は臭いやすい

ステーキや唐揚げなどの動物性たんぱく質、チーズ・バターといった脂質が多い欧米型の食事が多い人はわきが臭が強くなる傾向にあります。

動物性たんぱく質は体内で分解される際にアンモニアが発生し、腸内から血中に取り込まれ、全身に運ばれ、アポクリン汗腺に蓄えられます。

また、脂質も体内で分解される際に脂肪酸とグリセロールという中性脂肪になります。脂肪酸はエネルギーとして消費されますが、中性脂肪は血中に取り込まれて全身に運ばれますので、もちろんアポクリン汗腺にも蓄えられます。

日本人にとって欧米の食事は消化機能の点からもあまり合わないので、便秘など腸内環境の悪化にもなりやすく、わきがを悪化させやすいので要注意ですね。

 

普段運動しない人やデスクワークの人は臭いやすい

汗をかくことが少ない生活をしていると、汗腺が弱っていて正常に働かない・不純物をろ過できない可能性があります。

特に室内で座って仕事をしている場合は、夏場はクーラーがあるし、冬場は暖房であったかいし、1年を通してあまり温度の変化がなく快適に過ごせます。ですが、その副作用として、体温調節を目的とした汗を正しくかけなくなってしまうことがあります。

エクリン汗腺も同様で、正常に働かないと、汗内のミネラルが普通よりも多くなり、臭いが強くなりやすいです。

 

ただ、汗腺トレーニングをすれば正常化しますので安心してください。トレーニングの仕方は、「汗腺を広げて汗をかく⇒冷やして引き締める」を行えばよいです。

「ぬるめの湯船につかって汗腺を広げる⇒お風呂上りに少し冷たい水タオルを脇にあてる」こんなことでも良いですし、少し運動することでも良いですよ。

 

一過性で臭う時もある

ホルモンバランスの変化で一時的にわきが臭が強くなる時があります。

子供に多くて、第二次性徴の時期、男の子であればだいたい9~15歳ころ、女の子であれば8~13歳ころです。

また、思春期から18歳前後くらいの時も一時的に強くなることもあります。

焦らずデオドラントなどで対応していきましょう。

 

アポクリン汗腺を除去したり減らすことはできる?

方法は手術しかありません。

アポクリン汗腺は勝手に増えたり減ったりはしないので、方法は手術で減らすことしかできません。

ただ、手術ではあくまで「わきが臭を減らす」ところまでしかできません。

だいたいの手術が、脇の皮膚に穴をあけて、決めた部位をかき出します。アポクリン汗腺もエクリン汗腺も皮脂腺もすべて除去してしまうので、皮膚が壊死する可能性がありますし、跡が残ります。

また、それでわきがが治るかといえばそうではなく、あくまで「臭いを減らす可能性がある」というだけです。

再発もよくありますし、あまり賢い方法とは言えないかもしれません。

 

まずは自分でケアするところから始めましょう

「手術しないといけないのかな」と、悩む気持ちもわかりますが、まず最初は自分でできるところから始めるのが良いかと思います。

自分でできる対策をピックアップして記載しておきますね。

 

生活習慣の見直し

  • 食事に気を付ける
  • 早寝早起き
  • ストレスをためない

 

ありきたりではありますが、この3つをできるだけ気を付けたいですね。

早寝早起きはストレスにかかわってくる部分でもありますが、ストレスはアポクリン汗腺を刺激し、汗の分泌を促してしまいます。体的にも精神的にもストレスはわきがにとってよくありません。

そのため、早寝早起き、当然良いに決まっていますがなかなか普段の忙しい生活ではできなかったりするので、できる限り意識したいですね。

 

食事に関しては、和食が良いです。食物繊維をとり、良質なたんぱく質を取りましょう。具体的には海藻類はおすすめです。もずく・昆布・メカブに含まれるフコイダンというネバネバ成分が腸内でアンモニアを吸収し、うんちとして排出してくれます。

また、普通に腸内環境も整うので臭いガスを血中に取り込まなくなり、汗の質も良くなります。

 

積極的に汗をかいてみる

汗腺トレーニングに通じるところなんですが、運動して積極的に汗をかいてみましょう。

汗をかくトレーニングをすることで、ミネラル分の分泌を正常に戻すことができ、べたっとした汗をサラッとした汗に近づけることができます。

とはいえ、アポクリン汗腺からの汗はそこまで変化しないので、これだけでわきがが改善されるというところまではいかないでしょう。

 

わきが向けのデオドラントを塗る

市販のデオドラントも合えばよいのですが、できればわきが向けに作られたデオドラントを塗ることを推奨します。

市販のデオドラントに比べて

  1. 効果が高い(制汗・殺菌効果)
  2. 低刺激で肌に優しい
  3. 保湿・整肌効果で根本的に軽くできる

 

といった3つのメリットがあります。

塗ってすぐ効果があるので、即効性は問題ないですが、一番注目すべきは3番目の「保湿・整肌効果」です。継続して塗ることで肌環境が整い、常在菌のバランスが良くなり、3ヶ月~半年くらいでわきがが軽くなてっていくのが実感できます。

すぐ出来て、すぐに効果が実感できる対策ですね。

普通のデオドラントに比べると価格は高くなりますが、それ以上の価値はあります。

 

まとめ

アポクリン汗腺について詳しく見てきましたが、わきがと密接に関係していることがわかりました。

アポクリン汗腺から出る汗自体は無臭ですが、含まれる脂質やたんぱく質といった不純物を食べる常在菌が発するガスがわきが臭でした。

そのため、生活習慣の改善などで、その不純物をできるだけ減らすことが大切です。

ただ、即効性はなく、効果もどこまで出るか個人差が大きいです。

だからまずは、わきが向けのデオドラントで対策するのが良いという結論になりました。手術も良いのですが、できるところからスタートして、それでも納得できなければ手術で良いかと思います。

質の高いデオドラントであれば数カ月でわきがが軽くなっていくのを実感できますので、手術するよりもお得でリスクもないので、検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です